もちろん例外もあります

皆さんの中の多くの方が、蟹の食べ放題といえば「安かろう悪かろう」だと感じているのが実情かもしれませんね。

中にはその通りの食べ放題もありますが、もちろん例外もあります。

お得なだけでなく、美味しく新鮮な蟹をちゃんと出している食べ放題もあるのです。

変な店の食べ放題ではなく、しっかりした蟹専門店や、有名な蟹の産地のコースなら、品質、新鮮さともに申し分ない蟹が出てくるので、存分に堪能できます。

しかし、もっと本当に美味しい蟹をお求めなら食べ放題で冒険するより、信頼性抜群のブランド蟹を購入することを推奨します。

美味しい蟹が食べたいですよね。

私も蟹が好きなので、ネットの蟹通販は大変ありがたい存在なのですが、気をつけなければならないこともあります。

お店のように現物を見て買うわけにはいかないので、事前に蟹の量を確認しておくのは大事なことです。

量のごまかしもまた、「カニカニ詐欺」のひとつの手口なのです。

また、蟹は冷凍で届くので、解凍にも気をつけましょう。

解凍にはコツがあります。

何より、時間をかけて慎重にすることを心がけましょう。

急いで解凍すると、せっかくの蟹も旨みが抜けて台無しです。

蟹通販を扱うWEB上の業者は年々その数を増しており、いつでも好きなタイプの蟹を注文できるようになりました。

でも、実物を見ないで買うのはちょっと不安という方もいますよね。

業者を選ぶのにお困りかもしれませんね。

蟹通販を利用する際には、サイトのレビューの内容を入念にチェックするとよいでしょう。

そこでは良いレビューと悪いレビューを見分ける目も必要です。

第一には、レビューの中にはサクラが紛れ込んでいることを常に意識することです。

レビューの数がそれほど多くないにもかかわらず、その全てが似たような文章の高評価だという場合、まずサクラ・ヤラセだと思っておいて間違いはないです。

花咲がには、幻のかにとして知られています。

根室に近い、花咲近辺が主な漁場のかにに見えますが、かにの仲間が真実で、ヤドカリというべきです。

しかし、かににそっくりであることと、味がほとんど同じなので市場ではかにと一緒にして誰も問題にしていません。

身は引き締まり、豊かな味わいがあって、産地が限られて漁獲量も少ないので誰もが認める有名なブランドがにです。

かには高価で滅多に手の届かないもの。

そんな常識を打ち破り、それほど無理のない金額で量もそこそこ。

そんなお店があったらいいですよね。

いつでもどこでも注文して食べられるようになりたい。

そんな夢をかなえるには通販で買えばいいというのが常識になりつつあるんですって。

かにを通販で買うのは、達人のお墨付きです。

家の近くのスーパーで売っている引取り手のない冷凍庫のかにの惨状を見るにつけ、通販なら特筆物の鮮度のかにがいつでも購入できるのはうれしい限りですね。

また、それほどの品質を保ちながら、どこよりも安い価格設定が常識になっているのには、もう感謝するしかありません。

オプションで珍しいかにが出回ることもあるそうなので、たまにチェックしてみるのも楽しいですね。

蟹を入手しようとする際、選択方法が大事になってきます。

蟹がどんな種類なのかにより、選ぶ方法に違いがあります。

買いたい蟹がズワイ蟹だった場合には、どこを見ればいいと思いますか?それは、腹側です。

ズワイ蟹を見比べて、腹側が白いものは選択から外してください。

そして、アメ色のものを見極めることが大事です。

あわせて、いいものは甲羅が硬いです。

かに好きな私は、機会さえあれば1年中いつでも食べたいのですが、強いて言えばベストな季節は旬でもある寒い季節ですよね。

ここ数年、我が家のブームは年越しがにと迎春がになので、12月になると産直通販で購入し、プリップリで食べごたえ満点のかにで溜まった疲れを吹き飛ばしています。

ただいつも困ってしまうのが扱う店の多さです。

毎年注文するときになるとどのお店も良く見えてきたりします。

生鮮食品であるかにはきちんとした方法で扱わなければ美味しさが格段に落ちてしまいますし、未だにぜいたく品の貫禄十分ですし、それなりのお値段もしますから、価格と品物がしっかり見合っていて欲しいのは当たり前のことです。

そんな時に大いに役立つのが、インターネットの口コミではないでしょうか。

たくさんの人がその会社や商品についての正直な感想を述べているのですから、良い買い物が出来るというわけです。

渡り蟹という種類を聞いたことがあるでしょう。

これはガザミという和名でも知られる、横に大きい形をした蟹で、最も代表的な漁場は瀬戸内海ですが、その他、大阪湾や有明海、三河湾といった浅海に生息します。

近年、カニのお取り寄せの通販でも国産品は貴重になってきています。

 

 

家で食べるトンカツに目覚める?

基本、家で食べることが多いのですが、家では手に負えない料理があると思うんです。

で、我が家の場合には、厚くスライスしたロースのトンカツなんかは、しっかりと火を通さないと不安だし、お店で食べるものと考えていました。

自分でスライスするヒレカツなんかは調整できるので心配はないのですが、ロース肉は何となく、自分では無理と決めつけていたのです。

でも、朝のワイドショーでは、かなりの厚みのあるロース肉を「ご家庭では・・・」と、主婦が家で作ることを前提にレクチャーしています。

これって誰もが作れるメニューなのかしらと、気が付きました。

そこで、スーパーにあるロース肉を物色。

アメリカ産と国産がありましたが、国産のほうが若干高めという費用感で買えないことはないです。

なので、ロースかつ調理デビューを祝して国産をチョイス。

それでも100グラムで170円くらいでしたから、トンカツ屋さんに行くことを考えるとものすごいお得です。

これだったらキャベツを食べ放題にしても、味噌汁おかわりし放題でも納得ですね。

さて、ロースカツは常温に戻してから調理を開始するといいそうなのですが、ダラダラと常温に戻そうとすると痛んでしまうので、気を付けましょうとのこと。

言うが易しで、ダラダラなんって、どんな塩梅を言うのでしょうか。

お肉を油で揚げる時も、余熱で火が通るから大丈夫って・・・。

余熱についての知識が乏し過ぎて、理解を超えました。

無事に食すことはできましたが、こんなにも一か八かで食べるトンカツなんて。

やっぱりロースのトンカツは外食にしようと、考え直した一日でした。

 

 

背が低いために困る意外なこと

私は学生の頃から背が低く、今でも150cmしかありません。

最近このために、若干困ることが起きています。

それは、最近の建物の、レバーハンドル型のドアノブに、洋服の袖口やポケットが入ってしまいます。

そのため、ドアを開閉して通るときに、たびたび引っかかってしまうのです。

もう少しドアノブが低いと助かるのですが、最近の家屋は、平均身長が160cm程度と想定されて作られているのかも知れません。

自宅だけではなく、職場でも引っかかってしまうので、大変不便で困っています。

今日は自宅で、洗濯物を出し入れしていたら、往復するたびにドアノブに服が引っ掛かりました。

おかげで、洗濯物まで廊下にばらまいてしまい、本当にどうしたものかと考えました。

素人ながらドアノブをはずし、レバーを1cmでもいいので上下したら変わらないかと思い、ノブを外そうとしました。

そしたら、家族に家が壊れると猛反対されてしまいました。

なので、ドアノブの部分を厚紙や空箱で覆うように言われましたが、そのような物がドアについていたら余計に邪魔です。

色々考えた末、要はレバーハンドルのハンドル部分に、引っかかる隙間がなければ、引っかからないのではと気付きました。

そこでハンドル部分に、やや平べったいぬいぐるみを挟み込み、ハンドルの隙間を埋めることで、ノブに引っかからないようにしました。

ぬいぐるみを挟んでからは、引っかかることが無くなり、しかも扉の可愛らしいアクセントにもなって、我ながらいい方法だと思いました。

男性やお年寄りの場合、ぬいぐるみを挟むなど気恥ずかしい方もいると思います。

そういう場合は、タオルと挟むと良いと思います。

レバーハンドル式のドアノブに困っている低身長の方に、今後アイデアとして教えてあげたいと思いました。

ちなみに、私の子供も身長が低いので、高校生の成長サプリをネット通販で購入して飲ませています。

 

 

遅い時間の就寝になりました

先日は有給休暇だったので、ついつい前日に夜更かしをすることが多く、起きて時計を見たら既にお昼を過ぎていました。

寝床であるこたつでゴロゴロしながら、スマホでソーシャルゲームのスタミナ消費をしつつ、頭の中で今日の予定を組み立てます。

粗方予定が立てられたら、まず洗濯機を回しますが、これも予定通りです。

次に、遅めの昼食をのんびりと取り、食後の一杯にお茶を飲み終わったところで、洗い終わった洗濯物を干します。

次に、一週間敷きっぱなしの敷布団を干し、部屋の掃除や片づけを済ませました。

午後3時を回ったところで、趣味である絵を描こうとパソコンを起動させました。

そこで、デスクトップにまだ見ていないアニメがあることに気づき、見始めました。

予定外ですが、なんとなく想像はしていました。

午後5時、アニメを見終わった後は、予定外の行動を取ってしまった罪悪感からか、新しい予定として、今度は押入れの片づけを始めました。

使っていない雑貨や今年の正月に買った福袋に入っていた好みではない服は、リサイクルショップ行きの箱にまとめ、底にたまっていた埃を綺麗にふき取ります。

そこで、次に目にしたのは漫画です。

何年も読んでいなかったので、懐かしいなと思い手に取りました。

予定では、漫画も売るものとそうでないものに分けるはずなのですが、残念なことに、既に漫画は開かれてしまいました。

漫画を読みながら空腹感に気付き、時計を見れば午後7時半で、完全に予定外です。

夕食と入浴を済まし、それを迎えたら午後9時。

予定が狂いに狂ってヤケになった私は、もう寝ようと決めました。

横になった私はスマホを手に取り、寝る前に5分くらいイラストサイトを見ようかなと、これまたよくない癖が出ました。

当然、5分だけにもイラストサイトだけにも留まらず、就寝したのは日をまたいだ午前1時です。

せめて明日は早起きして、遅刻をしませんようにと祈りながら眠りにつきました。